消費者金融から契約後に届く郵便物

消費者金融から届く郵便物にはどんなものがあるのか

郵便

会社や申込み方法によっても異なりますが、主に契約書やカード、利用明細書が郵便物として届きます。
規約に関することなどの重要なお知らせが届く場合もあり、郵便物が来ることを予測できない場合もあります。

また、どの会社でも延滞すると督促状が送られるため、注意が必要です。

消費者金融からの郵便物はすぐばれる?

郵便物は、どの消費者金融でも業者名ではなく「〇〇センター」や個人名で送られてくるため、開封されなければ消費者金融からのものかわからないようになっています。

このように郵便物の差出人が工夫されているのは、貸金業法によって借金の事実を第三者に知らせてはならないという決まりがあるからです。

ただし、借入れをした経験のある人や勘の鋭い人にはバレる可能性もあるため、注意が必要です。

郵便物で家族にバレるのを避けたいときは

大手消費者金融ならば、郵便物に抵抗がある人などに対して配慮するため、郵便物をなしにする方法もあります。

また、アイフルの「配達時間えらべーる」(佐川急便)というサービスを使えば、時間指定で本人受取り限定の配送をしてもらえるため、郵便物ありでも家族が開封してしまう心配がなく安心です。

郵便物をなしにする方法とは

契約書・カード

アコムやアイフル、プロミスでは、窓口または無人契約機で契約をすることで、その場で契約書とカードを受け取ることができます。
さらに、プロミスでは上記の方法だけでなく、WEBで契約する場合でも契約書やカードの郵送を無くす方法があります。

契約後、借入れ方法は振込、返済方法は口座振替にすることで、カードレスを選択することができるのです。

また、モビットでは「WEB完結」で申込みした場合のみ契約書やカードの郵送を無くすことができます。
ただし、WEB完結を利用するためには三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件となるため、注意が必要です。

利用明細書・重要なお知らせ

WEB管理や電子交付サービス等を選択しておくことで、郵便物をなしにすることができます。
申込み時や会員ページで簡単に選択することができるので、忘れずに設定しておくのがおすすめです。

督促状だけは例外

上記のような郵送物を無くす方法をとっていたとしても、返済が滞った場合は督促状の送付が行われるため、注意が必要です。
ただし、延滞後すぐに督促状が送られるというわけではありません。

まず本人の携帯にメールや電話があり、そこで連絡が取れないと自宅や勤務先に電話があり、その次の段階が督促状という流れになる場合が多いのです。

そのため、最初の段階できちんと対応しておけば督促状を避けられることもあります。