消費者金融からの借入をまとめたい!どうしたらいいの?

複数の借入をまとめると何がいいのか

最大のメリットは、金利が下がるということです。
融資額によって上限の金利が定められていて、10万円未満は年20%まで、10~100万円未満は年18%まで、100万円以上は年15%までとなっています。

このように、1社から多額を借りる方が金利が下がる仕組みになっているため、まとめた方が金利が下がるケースが多いのです。
金利が下がれば支払う利息が減り、月々の返済額を下げることもできるため、返済が楽になります。

また、月々の返済回数が1回になるため、複数の返済日や返済先を管理するストレスを減らす事ができ、同時に返済忘れ防止に繋がります。

注意!まとめることでデメリットもーこんな時はどう対処すべきか

月々の返済額を以前よりも少なくしすぎると、返済期間が長くなり総利息が膨むことになります。
対策としては、最小返済額ではなく、できるだけ多く返済をすることが必要です。

あくまで無理のない範囲で返済するべきですが、月々の支払いが多いほど早く完済でき、総利息も少なくなるので得です。

また、まとめることで返済が楽になり、新たな借入れをしてしまう危険性があるので注意が必要です。
対策としては、返済のみを目的としている返済専用ローンを選ぶことや、借入れがなくなった会社は解約しておくことが必要です。

おまとめローンを利用したとしても、借入れの全額をまとめられるとは限らないという点にも注意が必要です。
審査に通らなければ、全額をまとめることはできません。

対策としては、1社でも早く完済し借入先の数を減らすことで、信用情報をより良くしておくことがおすすめです。

おまとめローンの限度額はいくらか

消費者金融の通常のカードローンは、年収の1/3までしか借りることができないと法律で決められています。
しかし、消費者金融のおまとめ専用ローンの場合は、総量規制の例外として挙げられている「借りる側が一方的に有利になる借り換え」に該当するため、返済能力があれば年収に関わらず借入れすることができます。

また、通常の銀行カードローンや銀行のおまとめ専用ローンの場合は、元々総量規制対象外となるため、年収による制限はありません。

このように、おまとめローンを利用する場合は総量規制のような法的な限度額はありません。
各社のおまとめ専用商品ごとに限度額は様々あり、審査に通ればその限度額まで借入れすることが可能です。

しかし、おまとめローンはまとめる対象のローン額しか借りることはできません。
そのため、新たに追加で借入れをするということはできないので注意が必要です。

何社までまとめることが可能か

2~4社までは可能ですが、5社以上まとめるのは厳しいです。
借入れ先の数が多い場合は、それらをいきなり一本化することは難しいため、まずは1社でも多く完済し、数を減らしてから1本化する必要があります。

5社以上など、借入先が多すぎる場合はおまとめローンを利用してもまとめられないと考えられるため、債務整理をするのがおすすめです。

おまとめローン利用時に注意するべきこと

まとめる前とまとめた後の返済についてしっかりシミュレーションを

現状と総支払額が変わらないなど、メリットがなければおまとめローンを利用する意味がありません。

おまとめローンのシミュレーションをしてみてメリットがないことがわかった場合は、現状のまま返済していくことがおすすめです。

消費者金融では銀行からの借入はまとめられない

銀行の方が金利が低く「借りる側が一方的に有利になる借り換え」に該当しないため、おまとめローンで取り扱うことができません。

目的に会ったおまとめローンを選ぶこと

できるだけ早く完済したいという人は、なるべく低金利のおまとめローンを選び、月々の返済額を多めに設定するか繰り上げ返済を利用するようにします。
繰り上げ返済については、利用できない場合や手数料がかかる場合もあるので、事前に確認をしておくことが大切です。

できるだけ月々の返済額を抑えたい人は、なるべく低金利のおまとめローンで、尚かつ最低返済額が低めに設定できるものを選ぶようにします。

ただし、月々の返済額が少ないと返済総額が膨らむため、注意が必要です。
シミュレーションを利用して、事前に返済総額を確かめておくことが大切です。

悪徳業者や詐欺に注意

金利が低いなどの良い条件を提示されると、つい契約してしまうケースもあるので注意が必要です。

保証金などの名目で、通常支払う必要のないお金を要求されてしまうこともあるので、安心して利用できる会社かどうかよく確かめてから利用することが大切です。

悪徳業者や詐欺に引っかからないための注目ポイント

世間的に知名度のある会社であれば、信頼できる会社であると言えます。
自分でもCMなどで聞いたことのある会社名であれば、より安心して利用することができます。
また、設立年数が古ければそれだけ利用者も多く信用できると言えるため、チェックしておくのがおすすめです。
さらに、貸金業登録番号が明記されているか、本物かどうかという点もチェックしておくとより安心です。

悪徳業者は魅力的な言葉で宣伝をしていることが多いです。
金利が極端に低い、絶対に審査に通るなど、他のおまとめローンと比べて条件が良すぎる場合は注意が必要です。

普通の会社でもCMやインターネットなどで宣伝をしていますが、悪徳業者の場合は電話やチラシ、ダイレクトメールなどの直接的なもので宣伝していることが多いです。
そのため、そのような方法で勧誘があった場合は注意が必要です。

また、会社側の連絡先が携帯電話のみの場合や、借入れする側の連絡先として、本人だけでなく親や兄弟、親戚の連絡先も聞き出そうとしている場合は危険な会社であると考えられるため、要注意です。

消費者金融のおまとめローンは銀行のおまとめローンとどう違うのか

消費者金融の場合、審査は銀行よりも通りやすいですが、金利は銀行よりも高いです。
限度額は銀行よりも低く、銀行が1,000万円までとなっているのに対して、消費者金融は300万円までとなっています。

このように、金利が低いなど銀行の方がメリットが大きいため、まずは銀行に申込みをして、審査に通らなければ消費者金融を利用するという人が多いです。