消費者金融の流れ – 申込みから借入まで

消費者金融での借入の流れはどんなものか

Webや電話などから申込みをすると、電話やメールで本人への申込確認が行われます。
その後に必要書類を提出し、書類内容や信用情報、在籍確認によって審査されます。

審査結果の連絡は電話やメール、郵送などで通知され、審査結果がでるまでのスピードは各会社や条件などによっても異なります。
無事に審査に通れば契約をすることになり、契約が完了した後はカード発行、もしくは振込による借入れができるという流れになっています。

融資を受ける消費者金融を選ぶ際、注目すべきポイントは何か

最も重要なポイントと言えるのは、信頼性や安全性です。
好条件で魅力的な業者があっても、危険な会社である可能性が高いので注意する必要があります。

安心してお金を借りるために、必ずチェックするべきポイントです。

次に重要なポイントは金利です。
金利は会社によって少しずつ異なるので、後から後悔しないためにも複数社見比べることが大切です。

そして、本当にその金利で返済していけるのか確認するために、シミュレーションを利用して利息などを確かめておく必要があります。

さらに、金利と同様に限度額も各社で差があるため、チェックしておきたいポイントです。
特に、高額な借入れを希望している場合は事前に限度額を確認してから申込む必要があります。

ただし、限度額いっぱいまで借りられるとは限らないので注意が必要です。

また、振込やネット取引の利便性について事前に確認しておくこともポイントです。
指定の口座を持っているとすぐに振込みしてもらえるなど、会社や条件によっては利便性が高い場合があります。

申込はどのように行うか

インターネット(パソコン・スマホ)・電話・自動契約機・店頭窓口・郵送で申込
すぐに借入れしたい、誰にも会わずに利用したい、家族にバレないように利用したいなど、目的に合った方法を選ぶ必要があります。
すぐに借入れしたい人は、インターネットからの申込みが簡単で早いので便利です。

初めての借入れの場合など、疑問点や不安点について納得いくまで相談したい人は、店頭窓口がおすすめです。

書類の提出

以前は郵送か窓口で直接提出するのが普通でしたが、現在はメールやアプリに画像を添付して提出するのが一般的になっています。

提出書類は、融資額が50万円以下、もしくは他社借入との合計額が100万円以下の場合は、給与明細や源泉徴収票などの収入証明書類が不要となります。

そのため、本人確認書類のみの提出で借入れすることも可能です。
本人確認書類としては、運転免許証やパスポート、健康保険証などが使えます。

審査

何を見られるのか

年齢や勤務先、連絡先など一般的な事柄をチェックされます。
これらが申告通りでない場合は信用されず審査に落ちてしまうので、正直に申告することが大切です。

また、信用情報も合わせてチェックされています。
他社借入件数や借入総額、返済状況、申込履歴などから、融資をした場合きちんと返済してもらえるかどうかを見られます。

さらに、在籍確認も審査において重要なポイントです。
申告された勤務先に確かに在籍しているかを電話で確認します。

確認できない場合は審査に落ちてしまうので注意が必要です。
ただし、大手消費者金融の場合は、本人確認の際に希望すれば書類提出で代替することも可能です。

審査にかかる時間はどのくらいか

業者によってまちまちなので、なるべく早く審査してもらいたい場合はアコムやアイフル、プロミスといったスピード審査(最短30分)を売りにしている会社を選ぶのがおすすめです。

ただし、これらの会社でも申込み時間や時期、希望額が大きい、信用情報に難点があるなど、状況によっては時間がかかることもあるので注意が必要です。

■契約・借入
カード発行をする場合は、自動契約機や店頭、郵送で契約をし、カード受け取った後にATMで出金することになります。
振込を利用する場合は、WEB上で契約をし、振込依頼をすると口座に振込みしてもらえます。

自分に合った方法を選ぶことで、スムーズにお金を受け取ることができるようになっています。

借入をスムーズにするために注意すべき点は

まずは、返済シミュレーションなどで無理なく返済できるかどうか確認しておくことが大切です。
返済計画を立て、どの会社に申込みをするか決めた後は、必要書類の不備がないようにあらかじめ用意しておくなど、事前に準備をしておくとスムーズに申込みから借入れまでを行うことができます。

実際に申込みをする時には、申込時間にも注意が必要です。
特に、即日融資をしたい場合は各社で締切時間が設定されているので、余裕を持って申込みをする必要があります。

また、申込書類に不備があるとスムーズに進まなくなってしまうだけでなく審査に落ちてしまう可能性もあるため、記入漏れや誤字、脱字に注意が必要です。