消費者金融の借入で在席確認なしってあるの?

在籍確認とは?

 

電話などで、借入申込書に記入された勤務先が実在するのか、実際に勤務しているのかを確認することを在籍確認と言います。
勤務しているかなどを確認することで申込者に収入があることがわかるため、返済能力があるかどうかを見極める目的があります。

在籍確認をなしにすることはできるのか?

在籍確認は必ずあるもので、どの会社でも在籍確認をなしにすることはできません。

ただし、大手消費者金融の場合は書類の提出で代替するという方法があり、勤務先への電話連絡をなしにすることはできます。
しかし、中小消費者金融の場合は必ず電話連絡があるので注意が必要です。

中小の場合は規模が小さいため、返済してもらえないと大打撃になってしまいます。
大手の審査に落ちた後に申込む人が多いということもあり、返済能力があるかどうかをより慎重に見極める必要があるのです。

このように、電話での在籍確認をなしにするということは可能ですが、最初から在籍確認なしと宣伝している業者はブラックの可能性があるので、要注意です。

在籍確認は貸付する会社側のためだけでなく、借りる側から見ても、しっかりと在籍確認をしている会社の方が安心して利用できる会社であると言えます。

書類での在籍確認にしてもらうには

申込確認の電話があったときにオペレーターに相談する方法と、申込確認のメールで書類にしたいという記載をする方法があります。
そのような相談があると、書類の提出で代替可能になるのです。

また、WEB完結を利用することで書類での在籍確認となる会社もあります。
ただし、いずれも借入金額が大きいなど条件によっては電話でなければならない場合もあるので、注意が必要です。

在籍確認書類

書類での在籍確認とする場合は、社員証や健康保険証、給与明細などの、現在その会社に勤務していることがわかる書類を提出する必要があります。

撮影した画像を提出する時には、画像が鮮明であることが大切です。
そのため、ピントがずれている、部分的に反射して見えない、番号の一部が指で隠れているなどで不鮮明な場合は、再提出となるため注意が必要です。

書類での在籍確認のメリットとは?

勤務先に借入れがバレる心配がないというメリットがあります。
在籍確認の電話によって借入れがバレる事は少ないですが、普段個人宛に電話がかかってこない職場の場合は、電話が怪しまれたりバレてしまう事もあるため、それを防ぐ事ができて安心です。

また、勤務先が休みとなる土日祝日や、勤務先の営業時間外でも審査がスムーズに行われるというメリットもあります。
即日融資など、急ぎの場合はとても助かります。

絶対にやってはいけないこと

虚偽の申告をする

アリバイ会社(偽装会社)の利用や、自宅電話を勤務先電話として申告するなど、虚偽の申告をして借入れすることは詐欺にあたります。

信用情報にキズがつき借入れができなくなるだけでなく、実際に逮捕された例もあるため、絶対にしてはいけません。

「審査なし・在籍確認なし」という業者を選ぶ

このような宣伝をしている業者は、まず闇金と考えて間違いないです。

カードローンを詳しく紹介しているサイトでは、以下が記載されています。

お金を借りられるところを探していたら、ブラック(債務整理や滞納・破産経験者など)の人OKなど、誰でも借りられるようなキャッシング業者を発見!
本当かな…?

「この借入先、大丈夫?」と思ったら、申込むべきではありません。
闇金融(ヤミ金)の可能性があります!

引用:専業主婦でも借りれるカードローン

甘い言葉は魅力的ですが、どのような手を使ってでも返済させる手段があるため、返済能力があるか不明なまま貸付をしても平気だということでもあるのです。

また、融資するということ自体が詐欺であり、個人情報を得るための方法である可能性もあります。